【積み立てNISAとiDeCo】メリットとデメリットを比較解説

投資

【積み立てNISAとiDeCo】メリットとデメリットを比較して徹底解説!あなたに合う制度はどっち?

積み立てNISAとiDeCo。今から始めるなら、どちらが良いのでしょうか。

今回は、積み立てNISAとiDeCoにおけるそれぞれのメリットからデメリットと、運用の違いについて比較しながら解説しています。

違いがわからない!という方や、今後始める予定でもどちらが向いているかわからないという方は必見ですよ。

【同じ制度で全く違う】積み立てNISAとiDeCoのメリットとデメリット

「最大800万円まで運用できる!」という積み立てNISAや、「60才まで積み立てができる!」というiDeCoにもメリットだけでなく、始める上で知っておかなければならないデメリットはあります。

では、それぞれのメリットとデメリットを比べてみましょう。

積み立てNISAを始めるメリット

積み立てNISAは最長20年間×年間40万円で最大800万円の運用ができるので、最長5年間運用ができる一般的なNISAと違って、200万円も多く運用ができるのですが、他にも次のメリットが上げられます。

  • つみたてNISAは1,000円や1万円など少額から始められること
  • 積み立て型だからこそ買うタイミングの判断をしなくてもOK
  • 初心者でも低コストで長期的(約20年間)の運用ができること

など、今まで投資運用をしてきたことがなかった投資初心者でも無理なく始められます。

積み立てNISAを始めるデメリット

一方でデメリットは次の2つです。

  • 金融庁が出された条件をクリアした投資信託やETFのみとなること
    →非課税枠で、国内外の株式やREIT投資をしたい方は一般NISAがおすすめです。
  • 万が一損をしてしまった場合に税制上の控除を受けることができないこと

言わずもがな積み立てNISAであっても「投資」の部類に入るので、いつでもプラスになるというわけではなく、損失も充分に可能性としてあります。

そういったときに損失した分は、税制上の控除を受けることが出来ません。一般的に他の運用益で認められている損益通算や、年をまたいで繰り越す繰り越し控除などを受けることが出来ないのです。

積み立てNISAを取り入れる上で大きな注意点とも言えるでしょう。

iDeCoを始めるメリット

iDeCoは自分自身で掛け金を運用しながら60才以降に資金を受け取るという投資ですが、メリットと言われているのは次の通りです。

  • 掛け金が全所得の控除対象であり、所得税・住民税の控除対象になること
  • 元本確保型商品や投資信託の運用利益に対する約20%の税金が非課税になるので、

その分受け取る年金が多くなること

  • 退職所得控除や公的年金などの控除対象に入ること

つまり個人年金のための制度であり、年金のために蓄えたいという方には最適な制度といえます。

iDeCoを始めるデメリット

一方でデメリットは次の通りです。

  • 特別な事情がない限り60才までは引き出すことができないこと
  • 加入時や毎月の口座管理に手数料がかかること

などがあげられます。

積み立てNISAと違って、大きな損失はデメリットにはあげられないのですが、その分60才まで自由に引き出せないため、60才まで続けられる貯金と捉えることも出来るのではないでしょうか。

また、iDeCoは積み立てNISAと同じで制度であるため、あらゆる金融機関においてひとり1口座を所持できるものです。手数料については「必ずかかる!」と判断して目についた金融機関の口座を所持するよりもそれぞれの機関で提供しているサービスを確認してみると良いでしょう。

【積み立てNISAとiDeCoの違い】運用目的が違う点と他2点

積み立てNISAとiDeCoの違いは、大きく分けて3つです。どんな観点でそれぞれ決めていけば良いのでしょうか。

それぞれ詳しく確認してみましょう。

①都度積み立てで利益が非課税と毎月積み立てで60才まで

積み立てNISAは最長5年間、商品の購入が都度であるのに対して、iDeCoは毎月必ず決まった掛け金を積み立て、60才まで運用ができるのです。

こうしてみると、積み立てNISAは商品数が多いのに対して、iDeCoは商品数が3種類とかなり少ないですが、運用額が月5,000円からと、自由に決めることができ、一定額を毎月積み立てます。

②運用目的が決まっているのか?それとも個人年金にしたいのか

運用目的は決まっていますか?

 

iDeCoとNISAは運用目的で、どちらを利用するか分けられると言っても過言ではないでしょう。

「他のことに使いたいし、できれば自由がいい」と検討している場合は、積み立てNISAがおすすめなのですが、iDeCoを始める大元の目的が「個人年金」なので、自由な使い道を求める場合には、運用が難しくなることも考えられるのです。

 

つまり60才までにまとまった大きな資金を年金にしたい場合はiDeCoがおすすめと言えます。

 

また、引き出しも積み立てNISAではいつでも証券会社の口座から出金が可能ですが、iDeCoは受給できる年齢(60才頃)に到達するまで、もしくは特別な事情以外では出金が出来ません。

③累計で800万円までの運用にするか上限なく運用するか

つみたてNISAの年間運用額は40万円です。40万円×最大20年間の投資となるので、最大800万円の運用となりますね。

非課税で運用できても800万円、未使用分があったとしても翌年に繰り越されないので、もし60才までに資金を積み立てて得たいという場合が該当します。

 

一方iDeCoは、累計での運用額上限がないので、60才まで上限なく運用ができます。

 

60才まで現金の引き出しは出来ませんが、長い目で投資貯金したい!という場合は、iDeCoはおすすめです。

【40代から始めると月10万円?】資産形成を始めるタイミング

ところで、40代から資産形成を始めると、20代から始めるよりもハードルが高くなることを知っていますか?

 

例えば資産として1,500万円を形成したいとなった場合、20代から始めれば月2万円から貯めていくことにより、年間の総資産は「25万2,674円」となり、40年後には1,500万円になるので、比較的ハードルが低く資産形成ができるでしょう。


ところが、40代や50代から始めるとなると最低でも10万円以上から始める必要があるので、20代から始めるのと比べるとかなりハードルが高くなるのです。

 

情報参照:一般社団法人投資信託協会 投資信託に関するアンケートより

50代で一度落ち込みはするものの、60代70代と保有している人が減っていくことがわかりますね。

 

また先ほどの利率は1.9%ですが、金融機関によっては1.43%から3.62%なので得も受けられますし、改めて早ければ早いほど資産形成を始めることへのハードルは低くなると再認識できるでしょう。

まとめ|運用目的や運用期間で絞ることにより自分に最適な制度を決められる

NISAやiDeCoはどちらも「資産形成」をする制度であり、どちらにも大きなメリットがあって、どちらも躊躇してしまうようなデメリットがあるので、なかなか決めるのが難しいですよね。

そういったときは、「どうして運用をしたいのか」や、「運用したい期間」で絞ってリサーチしてみることをおすすめします。

きっと自分自身の状況に最適な、資金形成方法が見つかりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました